スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この違い?
さあー誰でしょう?

『将来の自分』と題された、ある小学生の作文を紹介します。誰の作文かわかりますか?


二年後・・・中学二年生、日本アマチュア選手権出場。

三年後・・・中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。

四年後・・・高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。

六年後・・・高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。

八年後・・・二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

これを目標にしてがんばります。

マスターズ優勝はぼくの夢です。それも二回勝ちたいです。

みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。

でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。

ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば・・・」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

来年には埼玉の東京GCで行われる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。

今は優勝とか関係ありません。

中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。

高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。

その試合で世界から注目される選手になりたいです。

ぼくは勝てない試合には今は出ません。

ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。



お察しの通り、“ハニカミ王子”こと、石川遼君の小学校6年生のときの作文です。

どうですか!?

明確な期限付きの、段階的目標と、そのために『人の倍練習する』という計画性。

そして目的は世界一強くて、世界一好かれるゴルファーになる事。
7453_1[1]


私も見習おう!(遅すぎ?) (^^;

全英オープンは残念ながら予選落ちでしたが

今後の活躍が楽しみですね。 (^^)ニコ






テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。