スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喜劇の病気と悲劇の病気
紹介されて読んだこの本

9割の病気は自分で治せる2 [病院とのつき合い方編] (中経の文庫 お 7-2)9割の病気は自分で治せる2 [病院とのつき合い方編] (中経の文庫 お 7-2)
(2009/11/27)
岡本 裕

商品詳細を見る


私が健康管理士としていつもお話しすることを

お医者様、自らが書いてくれています。

医者がここまで書いていいのと心配になるくらいの内容ですが

医者でなければ分からない、経営と志の戦い

医者の辛い立場も良く分かりました。 ヾ(_ _。)ハンセイ…

検査王国、薬王国 日本の実態

自分を信じず、数値や専門家の言葉を鵜呑みにする私達

先日、紹介した映画の中で余命宣告された人が、何人も奇跡の回復をしている姿を見た時

正直、余命宣告をする医者に「お前は何様だ、人の命の長さを決める権利があるの?」と

普段、穏やかな(比較的…)私が怒りを覚えました。

「自分の命は、自分が責任を持つ」

という心意気を持って

自分で予防できる「喜劇の病気」にならない様

上手に、賢く、医者やサプリメントを活用する事が大切ですね。

そして、悲劇の病気の予防には「糖鎖」が効果的な様です。




テーマ:今日の一冊
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。