スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空飛ぶ赤ひげ先生 その1
今回の、北のちぇんじんvol.5は、西本方宣さん58歳
小児科、内科の方安庵青雲クリニックの院長先生です。

実は、数年前から、錦岡郵便局の向かいのこの病院の前に、ヘリコプターらしき物があるのに私興味津々、どうやってここから飛ばすんだろう、何人乗れるんだろう、などなど郵便局に行く度に妄想してました・・・
P1010957.jpg
クリニックの手前にあるヘリコプター

今回、このブログを始めたことで勇気をもって取材のアポに成功。お話を聞かせていただけることになりました。 (^^)ニコ

このヘリコプター、「単発レシプロ」というカテゴリーに属する2乗りのロビンソンR22という機種
車でいうと「フィット」クラスに当たるヘリコプターだそうです。

しかし、お値段は新機(?)で3,000万円と「ロールスロイス」クラス!
しかも、年間維持費は保険など諸々で500万円! <("0")> ナント!

お金持ちの高級な趣味と思ってたら、大間違いでした。  ヾ(_ _。)ハンセイ…

西本院長がこのヘリを買った動機が、以前、函館の病院に勤務していた時
奥尻島の大地震が起き、その時感じたのが、緊急災害に即対応できるヘリコプターの必要性。

当時まだドクターヘリが日本に導入(2001年)される前の、1993年に自費で購入
そもそもドクターヘリの発祥はドイツ。西本院長1979年にドイツのミュンヘン大学に出向してた事もあり、その必要性を感じて自ら購入を決意!

最初は中古機を購入、現在4機目で、写真のヘリは2機目(車でいえば廃車)を飾っています。

現在、4機目は樽前山の麓に保管庫・へリポートが有ります。

いろいろお話お伺う中で、この先生の患者さんや、地元の人達への思いや、防災に対する意識など熱い思いに、まさに現代の赤ひげ先生を感じました。

そして、結構笑える話も聞いちゃいました。 (^o^)


つづく


コメント
No title
着実に友達の輪が広がってますね。

笑える話、楽しみにしています。

2009/04/19(Sun) 22:36 | URL | ソングランナー | 【編集
Re: No title
ソングランナー さん
コメントありがとうございます。

お陰で、友達の輪が面白い感じになりそうです。

今度は、貴方を取材に行きますよ~  ヽ(^-^ )
2009/04/20(Mon) 14:42 | URL | とーさーとーさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。