スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢は専業主婦 その1
北のちぇんじんvol.6は
ネイルアーティストの久津間さんからご紹介の、金子年恵さん○○才

一言で言うと、「美人社長」 (^^)ニコ
P1010995.jpg

正確には、(有)リバージュ、不動産会社の社長さんです。

私の勝手なイメージは、不動産=太ったオッサン のイメージなのですが 
ご本人は、美しく、明るくて、気遣いの細やかな素敵な女性でした。  ヾ(_ _。)ハンセイ…


そもそもこの方、社長に望んでなった訳でなく、人生の流れでと言う感じ・・・
ここまでに至る下地は、両親が先々代から始まる厚別区の地主だったところから始まります。

両家の子女として育った年恵さん、3姉妹の末っ子として育てられ、男の子から電話と言うだけで切られるくらい厳しかったそうな・・

箱入り○○○かと思いきや・・・

短大時代はアパレル関係でのバイト。
バイトなのに社員を抜いて店長に次ぐ売り上げを常に達成!  w(゚o゚)w オオー!
卒業後そのまま正社員として入社の誘いを断り

当時、最大手のハウスメーカーに、120人中3人と言う難関を突破しての合格。 w(゚o゚)w オオー!
普通は、そこで就職、社内結婚でお幸せにという感じですが・・

ナント!この方、それも蹴って、家から出たい、東京に行きたい、の一心で東京の不動産会社に就職。
一人暮らしと、新しい環境を楽しみつつ不動産手続きのきそを学び、21歳で、難関の宅建の資格も取得!(これもスゴイ) 

そのまま、東京人になる予定が・・・
  
つづく


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。